さぬき市近隣に移住をご検討の方へ

香川県やさぬき市近隣の地域活性化や里山再生に取り組むにはなににもまして若くて新しい力が必要です。むかしやさい研究会では皆様のお力になりたいと思っています。

近隣の見所についてはこちらをご覧ください。

「さぬき市末地区(すえちく)」は、さぬき志度インターチェンジから車で5分という交通至便のところにある集落であります。

 

昔はなにもない集落でしたが、ここ数年で道路が拡張になり、大変便利になりつつあります。

 

大型スーパー  :車で10分

コンビニ    :車で5分

さぬき市民病院 :車で10分

JR讃岐志度駅  :車で10分

 

と人里離れた僻地ではありません。高速道路を使えば高松市内まで30分であります。
寧ろ基幹道路のそばにあるため最近利便が向上しつつある場所といえます。

 

JR讃岐志度駅近隣には

不動産会社もいくつかあります。→リンク

 

・池田不動産理容さん

・スマイルホームさん

 

などが物件を多数持っている様子です。

(ちなみに池田不動産理容さんは当園会員のケーゴさんの親戚ですので、ご紹介できます)

 

ただし物件は、志度町にある徳島文理大学香川校の学生向けの1ルームおよび1DK物件などが多いです。近隣高齢化により、いわゆる「空家」および「空家候補」は沢山あります。

 

都会のからの移住組の方がご希望になる、

「家の前に5a程の農地ある庭付き一戸建てを廉価で」 というのは

物件数は多数あるにも関わらず、あまり流通には出ていないケースが多いです。

 

お住まいを捜すにはやはり現地に有力な紹介者がいると心強いでしょう。

 

「去年まで使われていた家が、今年から都会に人がでていなくなった。半年に一度人がかえってくるのみ」というような物件は、近隣にあちこちにあります。都会とは違い、不動産流通が整備されていないため大家さんが、「賃貸に回す」という決断を保留するケースが多いんですよね。(なやましい・・・)


・平成27年7月時点で個人的に把握している物件は
 1.さぬき市鴨部町 田んぼ付き

 2.さぬき市志度町 家庭菜園付 
 2件です。
 

ご興味のある方がいらっしゃったらぜひご連絡ください。 

文責:三宅 
初稿 平成25年10月19日
更新 平成27年6月30日


農地

田舎に引っ越して農業をしたいとう方もいらっしゃいますが、移住なさってきた方がいきなり営農で成り立つほど農業は甘い世界でないのも事実でしょうか?。

また「自然農法で米や野菜を栽培し自給生活を!」というご希望の方のお問合せも多いですが、経験のない方は最初の2‐3年は、自給すら難しいと考えたほうが賢明です(経験談)。

 

香川県は日本で一番小さな県であり、一人当たりの耕作面積も全国でも最低水準で、営農には不利なエリアです。

 

一方、温暖な気候は特色で、周年で野菜の栽培が出来るのが特色です。

 

私達の近隣である「さぬき市末地区(すえちく)」は近隣集落の高齢化により、担い手不足が本格化しており、空いている農地はあちこちに沢山あります。

 

・水利

・日当たり

・土地権利者

 

などさまざまな要素が絡み合います。 

 

「去年まで使われていたものが、今年から使われなくなった」というような話は、近隣にあちこちにあります。むかしやさいほ場に見学にお越しになり、担当の「瀬尾」または「三宅」までご相談ください。


また、リョージ農園奮闘記 も参考になさってください。 

まずは一度むかしやさい研究会のさぬき市末までお越しください。出来る限りお力になりたいと思っています。

 

 

文責:三宅 平成25年10月24日

仕事

移住をなさる方の一番の課題は、やはり「安定した仕事」だと思います。

 

・フリーランスの仕事をしている方、

・インターネット関連の仕事をしている方

・賃貸収入や年金などの不労所得のある方 

 

など独自の収入を持っている方はやはり有利です。

収入基盤がなければ、家の賃貸、農地を借りることこも難しいケースが多いですし、家の賃貸契約に保証人が求められるのは、都会も田舎も同じです。

 

近隣には「ハローワークさぬき」があります。

 

高松市内に出れば仕事も多数あり、十分に通勤エリアでありますが通勤に時間を費やしすぎると、肝心の農作業には力が割けなくなりますので、このへんはバランスが大切かと思います。

 

文責:三宅 平成25年10月24日

地図